2012年4月アーカイブ

お問い合わせ

| コメント(0) | トラックバック(0)
このサイトに関するお問い合わせ・相互リンクの申し込みは、下記のアドレスからお願いいたします。

skin00mio○○gmail.com
件名「三ナチュラルズサイトについて」

相互リンクをご希望の方は、本文にURL/タイトル/説明文をお書きください。

迷惑メール防止のため、○○を@に変えて送信してください。

ではよろしくお願いします。
化粧品 トライアル


本来の美しさを極められるスキンケア『オラクル トライアルキット』

作用を活発にすることを「賦活」と言います。皮膚の新陳代謝を活発にする作用のある化粧品を「賦活化化粧品」と言うこともあります。

 

賦活化化粧品には、栄養クリームやマッサージ料、パックなどがあります。

 

栄養クリームは、皮膚細胞の賦活剤をお肌に浸透させ、皮膚を活性化します。

 

マッサージ料は、お肌に負担がないように付けるオイルやクリームのことで、それらをお肌に乗せてマッサージすることでリンパや血液の循環を良くします。マッサージ料はそれ単独で効果があるものとないものがあります。

 

パックは肌表面を一定時間覆いその後剥がすことで、皮膚への保湿・賦活・洗浄・鎮静・脱脂など様々な効果を得られます。

 

 

栄養クリームは、皮膚を外敵から守るクリームや乳液として利用するのもいいですね。

 

マッサージは、洗い流すタイプのものは化粧水の前に行います。洗い流さないタイプのものは、多くは油分でできているものが多いので、化粧水や美容液の後に行うと浸透が効果的です。

 

パックは剥がす性質がありますので、洗顔後がお勧めです。

 

 

基礎化粧品を付ける順番は、水分が多い保湿剤から、栄養系、最後に油分が多いクリームの順に付けていきます。

 

ただし、例外はありますのでそれぞれのパッケージに書かれている使用方法を読んで正しく使用しいてくださいね。

 

肌本来の機能に、皮脂と汗が混じり合った皮脂膜というクリームのようなものがあります。この皮脂膜がお肌の潤いを逃さない蓋のような役割をしていて、お肌の保湿にはとても大切な存在です。

この皮脂膜と同じような機能を果たすものが、乳液やクリームです。

 

環境には、紫外線、乾燥、老化(酸化)など、お肌への悪影響がたくさんあります。

それらの影響で、お肌の機能がアンバランスになったり、加齢によりお肌本来が戻ろうとする機能(恒常性機能)が衰えたりします。

 

そのような外部刺激からお肌を守るために、乳液やクリーム、日焼け止めなどがあります。

 

特に紫外線は、皮膚の炎症を引き起こしたり、色素細胞(メラノサイト)の働きを異常にしたり、細胞を傷つけてシミ・シワ・肌荒れを引き起こしたりしますので、予防がとても大切です。

 

紫外線防止機能(SPF/PA)が入っていない乳液やクリームを使用している方は、日中はその上に日焼け止めを塗ることをお勧めします。



化粧品 トライアル


本来の美しさを極められるスキンケア『オラクル トライアルキット』

化粧品 トライアル


本来の美しさを極められるスキンケア『オラクル トライアルキット』

汚れを取り除いた後は、お肌表面に水分と保湿成分を補給します。

補給方法は、主に化粧水と美容液の2種類があります。

 

化粧水のタイプ3種類をご紹介します。※この3種類以外にもありますよ。

・保湿化粧水

角質が元々持っている保湿成分(と似た)成分を、水分と一緒に与える事で、角質を正常にしてしっとり滑らかな肌を保つ働きがあります。

・収斂(しゅうれん)化粧水

収斂作用とは、タンパク質を変性させることにより組織や血管を縮める作用のことを言います。(ウィキペディア参照)

皮脂や汗の分泌を調整する働きがあり、使用後はさっぱりしています。

・多層式化粧水

2層に分かれていて、振って使用するタイプの化粧水です。油の層と水の層に分かれているもの、粉の層と水の層に分かれているものなどがあります。日焼け後のお肌を鎮静する働きがあるものが多いです。

 

美容液は、高い保湿機能や、目的に合わせた薬剤が、高い濃度で配合されていて本当にさまざまな機能があります。

 

例えば、保湿・美白・紫外線防止・小じわ防止・消炎・シミ防止・賦活効果・酸化防止などです。

 

お肌のお悩みやその日のコンディションによって美容液を使い分けるのもいいですね。



化粧品 トライアル


本来の美しさを極められるスキンケア『オラクル トライアルキット』

毎日のお手入れでは取りきれない汚れが日々積み重なると、くすみや肌荒れになる場合もあります。

 

例えば、ニキビ肌や脂性肌の方は角質が取れにくくなっている場合があります。そういう時は、ディープクレンジングを行い、古い角質を取り除くと肌に透明感が生まれます。

 

ご家庭でもできるディープクレンジングには3種類あります。

・スクラブ

固いツブツブ(ツブツブの正体は粧剤によって異なります)でお肌を擦ることで、角質を擦り取っていきます。あまり強く擦りすぎるとヒリヒリすることもあるので気を付けてください。

・粒なし

AHAなど、お肌に塗って角質を溶かす効果があり、しばらくして取り外すことで角質を取っていく作用があります。ピーリングと同じように、角質を薄くすることでターンオーバーを早め、早くきれいな肌にする働きがあります。

・酵素

酵素は、お肌に塗ることで角質を柔らかくする作用があります。柔らかくなっただけなので、塗ったものを取る時に古い角質は一緒に取れ、必要な角質は残っていることが多いため、お肌に優しくいらない角質を取ることができます。

 

ディープクレンジングは他に、エステサロンで使用されるエレクトロクレンジングという、電気の力で金属的な汚れを磁石のように引き寄せて取る方法あります。

 

こういうものは、刺激が強く、肌を薄くしたり肌トラブルを起こしたりしますので、毎日はお勧めできません。



化粧品 トライアル


本来の美しさを極められるスキンケア『オラクル トライアルキット』

汚れを取り除く

| コメント(0) | トラックバック(0)

最初は、お肌の汚れを取り除くことから始まります。

 

お肌の汚れには、大きく分けて3種類あります。

・メイクアップ化粧品の残り。(落とす時には汚れとみなされます)

・余分な皮脂、古い角質、汗など、代謝により自身から出るもの。

・ちり、ほこりなど、環境の汚れ。

 

それぞれ汚れは性質が異なりますので、汚れの落とし方も違います。

 

メイクアップ化粧品は、油に溶けやすい性質があります。ですから、油または界面活性剤でできているクレンジング剤で、化粧品を溶かし、お肌から浮かせながら取っていきます。

 

古い角質や余分な皮脂、汗、ちり、ホコリ、クレンジング剤の残りなどは、水を使って泡立て泡に汚れを絡めて洗い流します。

泡で汚れを絡め取るので、泡は細かくたくさんあった方が汚れもたくさん落ちますよ。

 

また、ポイントメイクをしている目や口は皮膚が薄く、神経が表面近くまで来ていますので、オイルなどすぐ取れるもので軽くサッと取り除くことで、お肌への負担が少なくシワ防止にもなります。

 

クレンジングのタイプは、オイル、クリーム、ミルク、ジェル、ローションなどがあります。

 

石鹸が洗顔のタイプは、クリーム、固形、パウダーなどがあります。

 

現在は、クレンジングと洗顔が1本になったものもあります。

 

ライフスタイルやお好みで洗顔剤を選択するのもいいですが、ご自身のメイクの濃さやメイクの質で選択する事も一つの方法です。

 



化粧品 トライアル


本来の美しさを極められるスキンケア『オラクル トライアルキット』

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja